引っ越しで断捨離!服はMAWAハンガー20本で足りる。

狭小住宅に移り住んでからモノを減らしたシンプルな生活が実践できています。

郊外の2階建ての戸建てから、都内のマンション1LDKに移り住みました。広さは40平米未満。移り住んだときは夫婦二人でしたが子供が産まれ、家族4人で暮らしています。

この狭い部屋に引っ越すことになった当初、まず直面したのは収納スペースの圧倒的不足という問題。引っ越す前の戸建てでは、夫婦それぞれウォークインクローゼットに服や鞄をつめこんでいたのですが、新しい部屋のクローゼットにはその1人分の荷物も収用できない。
靴箱も同様で、私の靴全部いれたら相棒の靴が半分しか入らない。越してきた当初は、元の住まい(夫の実家)に半分以上の持ち物を置いてきました。我ら夫婦は本好きで前の住まいでは一部屋書籍で埋まるほど持っていたけど、それらも全て実家保管。
広いスペースでの生活に慣れていたその頃のオレンは、実家というレンタルクローゼットがなければとてもこの40平米マンションに引っ越すことは決断できなかったと思う。

一旦離してみることでいらないものが明確に

 必要最低限の服や靴だけを持ち込んでのマンション暮らしがスタート!
最初の1年は、春夏物と秋冬物に分けてクローゼットを入れ替えることにしたけれど、秋冬物はかさばるので全て収納することができず、よく使うものだけを新居に持ち込むことに。必要なものが出てきたらまた実家から持ってこようと思っていたけど、全く困ることなくそれだけでひと冬越せたのです。
実家に保管していたコートを見直すと、高かったから捨てられない時代に合わないコートや、年に数回しか着ない奇抜デザインなもの、福袋に入ってて好みではないデザインだけど捨てるにはもったいないもの、などです。これらはひとシーズン離れて暮らしてみて全く困らなかった。
また、かさばるブーツ類の類いも履きたい!と思うことはなかったです。ロングブーツはもう履くのが面倒で気分じゃないし、疲れるからたまにしか履かなかったヒール靴もなくても別に困らない。靴や鞄はただ単にブランド品だから捨てるのが惜しい、ってだけで使わないものをいっぱい溜め込んでいました。
そういうの、離れて暮らしてみるとどれだけ不必要かが実感として分かります。

 

メルカリヤフオクが活躍

捨てるには惜しい、というしがらみからフリーになったのはメルカリのおかげ。もともと相棒がヤフオクしてたけど、自分でメルカリをはじめてからは物の処分のスピードが早くなりました。
そして、物の持ち方に対する考え方も変わった。いつかは着るかもと思って捨てられないものは、メルカリでまた安く買えばよい。昔の質屋に物を預ける気分?お金をもらって質入れし、お金を払って質から出してるような感覚です。

 

結論、服は20着で足りる

狭小マンション暮らしを初めて3年め、オールシーズンあわせても服は20着以内でいけるという変な自信がついてきました。
たとえば、コート類なら3着あればよい。秋口の薄手のコートと、真冬仕様のコートのフォーマルなものとカジュアルなもの、この3つで充分です。
ボトムは6着。オールシーズン使える会社用のフォーマルな黒パンツと公園用のデニムがメインで、夏冬シーズン別にそれぞれ2着ずつ。
トップスはオールシーズン使えるシャツ&ブラウスが3枚、夏冬別にそれぞれ半袖とニットを2着ずつで、計7着。
あとはカーディガンと、週末用のワンピース。

 

服を厳選すると、それをかけるハンガーにもこだわりたくなってきて全て買い替えました。雑誌やブログで読んで気になっていたドイツ製のMAWAハンガーです。
これまでクリーニング店のものを使っていたので、統一感なく雑然としていたクローゼットがスッキリ!

ラウンドしているので衣類にあとをつけず、すべりにくい加工がされているので肩が落ちることもなし。厚みが1センチしかないので場所をとらず収用力もあります。
何よりデザインがシンプルなのにおしゃれ。クローゼットの中にお気に入りだけの洋服が白くほっそりとしたハンガーにきちんとかかって並んでいるのを見てるとウットリしちゃいます。

MAWA マワ ハンガー エコノミック 40cm 36cm【20本セット】 ECONOMIC 40/P マワハンガー ホワイト シルバー ブラック 【ラッピング対象外】セット mawaハンガー まとめ買い 機能的 デザイン インテリア 生活 雑貨 収納 スリム ギフト 黒 白 誕生日 プレゼント


感想(45件)

服は少ししか持たない代わりに、着心地の良さや体へのフィット感など厳選して買うようになりました。クローゼットが広かったころは、気にいったデザインで安ければ試着もせずに買ったりしてたけど、今は自分に似合っているかを真剣に考えます。
そして少しでも、あれ、古くなった?と思えば即メルカリ。買い替える基準は、これを着てオシャレな街を堂々と歩けるかどうか!
もう、もってる服は全部一軍です。手持ちの服が少なくなることでなにもってたっけ?とムダな買い物もなくなり自分の頭で管理しきれているというのが何より気持ちよい。

 

人は収容量にあわせてモノを買い続ける

狭い部屋に引っ越した副産物は、ムダなものを見直して暮らしがシンプルになったことでした。いつまでも広いクローゼットにいたらパンパンになるまで計画性のない買い物を続けていたはず。
クローゼットが狭くなったおかげで、自分に必要な衣類の数が把握できるようになれたのです。
オレンはこれからまた引っ越しを予定しています。次の家では今よりも収納が広くなるだろうけど、そうなったときにまた元の服の山に戻らないためにも、MAWA ハンガー20本以内、のルールを守ってクローゼットを管理するつもりです。